化粧なび
化粧品の成分を知ろう

最近はオーガニックのコスメが大変流行っていますよね。
オーガニックコスメといわれても、本当の意味でオーガニックを理解している方は少ないです。オーガニックは日本語で[有機体の]という意味になります。オーガニックコスメは無農薬で化学薬品を使用していない状態で育てた植物から作られます。しかし、本来、これらはオーガニックと認定する機関によって認定されて初めてオーガニックコスメとして出回ります。認定基準は国や団体によって異なります。オーガニックだから安心で安全というわけではなく、現在日本のオーガニックコスメのほとんどが各化粧品メーカーにより定義されており、成分配合も全てがオーガニックというわけではありません。本当のオーガニックコスメはオーガニック認定済のものです。薬事法により化粧品に全ての成分を記載しなくてはいけないため、全成分表が必ずついており、配合量の多い成分順に記載されています。また、パラペン、フェノキシエタノール、ステアリン酸ー、ウラリルー、PEG-などの化学成分は肌に悪い影響を与えることがあります。ほとんどの化粧品に配合されていることが多く、オーガニックと記載されていてもこれらの成分が配合されていると安心、安全とは言い切れないため、配合されていないものを選ぶことも大切です。また、逆に肌に良いとされている成分がきちんと入っているかも確認する必要があります。キャッチコピーやイメージ、容器の可愛さで中身をきちんと確認せずに雰囲気で購入するのではなく、オーガニックコスメを選ぶときには、本当にオーガニック認定済のものであるから、危険な化学成分が含まれていないか、保湿成分など肌に有効な成分はきちんと配合されているかなどをしっかりと確認することが大変重要になります。
オーガニックを理解し、以上のことを気をつけることで、本当に肌に良い天然成分でできたコスメと出会えることができる可能性が高くなります。