化粧なび
化粧をすればこうも変わる

化粧は、上手に行うことによって、すべての女性が綺麗になることのできる魔法ですし、大人の女性であれば、お会いする相手への礼儀としても身につけておきたい技術ですよね。
化粧における最大のポイントは、使用するメイク用品や方法を自分に合ったものにすることです。
まずはファンデーション選びです。リキッドタイプにするかパウダータイプにするか、もしくはリキッドを塗った後にパウダーを重ねる、という方法も良しです。そして自分の首元の色と合わせるようにして、適当な色を選びます。こうすることで、ファンデーションを塗った顔だけが浮いてしまうことを防ぎます。
次にチークを塗ります。チークは自分のなりたい印象によってピンク系かオレンジ系かを使い分けます。可愛らしく見せたいならピンク系を、健康的で元気に見せたいならオレンジ系を選択すると良いでしょう。
ベースメイクが完成したら、アイメイクに移ります。顔の印象はアイメイクで決めるといっても過言ではありませんから、慎重にいきましょう。
アイシャドウは、チークと同じで自分のなりたい印象に合わせて選びます。彫りの深いハーフのような顔を目指すならブラウン系、クールならブルー系、可愛らしくするならピンク系という感じです。他にも、グリーン系やパープル系を使って個性的な目元を作るのも素敵です。
アイラインは、ペンシルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプの3つがあるため、自分に合った太さが描けるかどうか、描きやすさ、落ちにくさなどを考慮して選ぶと良いでしょう。
マスカラは、大きく分けて、睫毛を長く見せるタイプ・睫毛の量を多く見せるタイプの2つがあるため、自分の睫毛に足りないものは何か、考えてみてください。場合によって、つけまつげをつけるのもオススメです。簡単に長さと量を稼ぐことができますし、強固な専用グルーも売っているので取れにくいところもメリットとして挙げられます。
自分に合った化粧をすることで、美容整形並みに変身することが出来ますよ。まずは自分の顔のパーツをしっかり知ること、自分のなりたい印象を決めることが大切です。